宮城の生産者訪問

2020.10.29 UP

Team CROSS in 宮城!

お店のお休みを利用し、スタッフ数名で宮城県の生産者さんの元を巡って参りました!

まず一行は「関村牧場」さんへ。14種のハーブをブレンドしオリジナルに開発した飼料を食べて育つ「漢方和牛」や「漢方三元豚」は宅配&レストランメニューでも人気の『食労寿鍋』やスペシャリテ『クロスバーグ』やテイクアウトなど、いつもCROSSの料理の中枢を支えて下さっている契約農場なのですが、STAFFのほとんどが今回初訪問!

感染対策のため、残念ながら豚さんとの対面は叶いませんでしたが、広大な農場にて自然分娩・自然飼育、ストレスフリーで育つ親牛たちと初めて間近で向き合って参りました。漢方資料を食べているため、牛小屋独特の香りがしない事に一同驚き!!

 


次に一行が伺ったのは、大正4年から約100年以上続き、全国各地にファンを持つ老舗酒蔵「金の井酒造」さん。ちょうどオフシーズンのため製造作業は行なっていませんでしたが、創業時からほぼ変わらぬ施設や機械を使用している蔵中を見学させて頂きました。現在は自家酵母を使った清酒も作られているそうです!本店CROSS TOKYOでは日本酒はオンメニューしていませんが、STAFFに声かけてみたら日本酒も出てくるかも…?


他に、太陽光(自然光)利用型ハウスで地下水を利用する水耕栽培で、サラダ菜やサンチュ、ケールなどの葉野菜を生産している「耕佑」さんも訪問。どのお野菜も強い苦味や独特のクセがなく、“お料理に使いやすい!!”とキュジニエ達も大絶賛!イオングループブランドなど全国発送をされているのも納得です。


また、椎茸栽培で業界初のJGAP認証を取得されたという「水鳥しいたけ」さんも訪問しました。水質がきれいである、クリーンな施設で栽培を行っている、放射能の管理ができている、農場の安全管理がしっかりしているといった項目が120以上、専門の審査員が農場に直接来て厳しい目で審査する食の安全や環境保全に取り組む農場にのみ与えられる認証。ここでは菌床からしっかりと作られていて、肉厚かつジューシーで食べ応えがあり旨味が凝縮している椎茸でした!


今回ご案内頂きました関係者・生産者の皆様、時間を作って下さり本当にありがとうございました。いきもののいのちの大切さをより深く感じ、育てて下さった生産者の皆様への感謝の気持ちをより強く持ち、今後の料理やサービスにもさらに熱が入ります!!

google map

INFORMATION

Vegetable Restaurant & Festival
CROSS TOKYO 東京都港区赤坂5-4-7-10F(THE HEXAGON bldg.)
03-5545-5408
千代田線赤坂駅 3a出口から1分TBSと赤坂通りの間
・Lunch 11:30〜15:00 (L.O.14:00)
・Dinner 18:00〜23:00 (L.O.22:00)

google map

CONTACT
RESERVATION

WEBからのお問い合わせ・ご予約