「旬産旬消」

「旬産旬消」

「旬に産まれし恵みを、自然界に敬意を表し食すこと」食材には旬があります。それはその食材が最も美味しい時期であり、一番栄養価が高い時期でもあります。冬には体をあたため、夏には体を冷やしてくれる。旬の恵みへのこだわりは、美味しさへの執着と、大切な人への労りの感情なのです。

北海道 岩手 千葉 埼玉 石川 静岡 福岡

Farmers & PartnersFarmers & Partners

HOKKAIDO

  • 神内ファーム21のあか毛和牛

    あか毛和牛の脂肪の含有量は8 ~ 12%と少なく赤身の味わいと適度な歯ごたえを感じられる。放牧肥育によるあか牛は低脂肪・良たんぱくでコレストロールや血圧の上昇を抑えるタウリンやビタミンなどを含む機能性に富んだ牛肉です。
    神内ファーム21のあか毛和牛神内ファーム21のあか毛和牛
  • 三谷牧場のジャージー牛

    大地に広がる青草を食べて育つ放牧のジャージー牛の牛乳は搾りたて100%の新鮮な美味しさをそのままに、無添加で作られています。ジャージー牛が生みだすヨーグルトも青草のカロチン(緑黄色野菜と同じ)がそのまま牛乳に移行しているのでクリーム層が黄色いのが特徴です。
    三谷牧場のジャージー牛三谷牧場のジャージー牛

IWATE

  • 石黒農場のほろほろ鶏

    日本で唯一のほろほろ鶏の専用農家。ほろほろ鶏は熱帯地方で生息しているため寒さに弱く、四季のある日本で飼育するのはとても困難ですが、岩手県花巻市にある石黒農場では、広大な敷地内に鶏舎を建て、湧き出る温泉を利用して床暖房を敷き、試行錯誤の末ほろほろ鳥の飼育に成功。
    石黒農場のほろほろ鶏石黒農場のほろほろ鶏
  • のだ塩工房ののだ塩

    原料には三陸・野田村の野田港より自然ろ過された地下海水を使用し、鉄鍋に薪をくべ続け、4日間煮詰めて作られます。約1.3 トンの海水から採れる塩はわずか約20 ~ 25kg が限度。まさに職人が” 手塩にかけた” お塩です。一般的な食塩(精製塩)より海水のミネラル分が残っているため、まろやかな風味が特徴です。
    のだ塩工房ののだ塩のだ塩工房ののだ塩
  • 柿木畜産(柿木 敏由貴さん)のいわて山形村短角牛

    「いわて山形村短角牛」は商標登録されたブランド名で、旧山形村(現在は久慈市山形町)を産地とした、100%国産飼料で育んだ純粋な国産牛です。この希少な短角牛を「奇跡の短角牛(うし)」として、昔ながらの飼育法で育てています。
    柿木畜産(柿木 敏由貴さん)のいわて山形村短角牛柿木畜産(柿木 敏由貴さん)のいわて山形村短角牛

CHIBA

  • 大多喜ハーブガーデンのハーブ

    世界各地の代表的なハーブ約600 品種をできる限り自然に優しい農法で栽培。昆虫や小動物,微生物(作物栽培有用微生物群)たちが共存する生命力にあふれた大地のガーデンでは、元気なハーブが春夏秋冬それぞれに違う表情で緑を輝かせ、四季折々それぞれに違う自然の香りを直接触れて味わうことができます。
    大多喜ハーブガーデンのハーブ大多喜ハーブガーデンのハーブ
  • 武井ファーム( 武井 敏信さん) の無農薬野菜

    野菜「創り」に欠かせない「土と肥料」にこだわり、定番野菜だけでなく「西洋野菜」「ミニ野菜」「色物野菜」など、少し変わった珍しい野菜たちも栽培しています。農業の奥深さに惚れこみ、「野菜創りに終わりはない」という想いのもと、おいしい「品種」、そして「出荷品質」にこだわられています。
    武井ファーム( 武井 敏信さん) の無農薬野菜武井ファーム( 武井 敏信さん) の無農薬野菜

SAITAMA

  • 塚原牧場(塚原 昇さん)の梅山豚

    日本で100 頭しか居ないとされる“幻の豚”。豚自身の抵抗力を上げ、健康的に育てる事を目的に、一切抗生物質は与えず、自然に近い環境でのびのびと走り回っています。その肉質はジューシーで全く臭みもなく上品な甘さが特徴です。
    塚原牧場(塚原 昇さん)の梅山豚塚原牧場(塚原 昇さん)の梅山豚

ISHIKAWA

  • 蓮だより(川端 崇文さん)の加賀レンコン

    “蓮” の栽培で一番重要なのは「土」づくりです。とことん「土づくり」に拘り、農薬を使わなくても、大自然の恵みを受けてたくましく育つ野菜を作られています。もっちりシャキシャキとした食感が加賀れんこんの特徴です。
    蓮だより(川端 崇文さん)の加賀レンコン蓮だより(川端 崇文さん)の加賀レンコン
  • 高農園(高 利充さん・博子さん)の赤土野菜

    能登の赤土は、粘り気のある豊かな土壌のため、ここで育つ野菜はミネラルを多く含み、酵素やビタミンの働きを強めるなどの栄養価が高いことが特徴です。
    高農園(高 利充さん・博子さん)の赤土野菜高農園(高 利充さん・博子さん)の赤土野菜
  • 阿岸の七面鳥(大村 正博さん)の七面鳥

    『阿岸の七面鳥』として、能登門前の中山間地で、四半世紀に渡り、極上の七面鳥を育てている農業人です。阿岸の七面鳥の旨さは、能登の風土の旨さ。この味には 水や気候はもちろんですが、特に能登に吹く風が七面鳥にはいいそう。肺のキレイな鳥ほど、味はいいといわれています。
    阿岸の七面鳥(大村 正博さん)の七面鳥阿岸の七面鳥(大村 正博さん)の七面鳥

SHIZUOKA

  • 長谷川農産( 長谷川 光史さん) のマッシュルーム

    マッシュルーム栽培の先進国といわれるオランダから、最新栽培技術と設備を導入している長谷川農産。農薬、漂白剤は一切使用せず、マッシュルーム独特の歯ごたえや、ほのかな香り・甘みが存分に楽しめます。本場のマッシュルームの味わいをたくさんの方々にお伝えしたい…。そんな強い願いがこめられている驚異的マッシュルームです。
    長谷川農産( 長谷川 光史さん) のマッシュルーム長谷川農産( 長谷川 光史さん) のマッシュルーム
  • 功刀養鱒場(功刀 芳庸さん)の鱒

    富士山から湧き出るミネラル分豊富な天然水をふんだんに利用できる富士宮市は、日本有数のニジマス生産地。その中でも病気に弱い魚だから投薬は当たり前、という養鱒業界の常識を覆し、完全無投薬でストレスのない環境で育てられるニジマス「くぬぎ鱒(富士レインボー)」です。
    功刀養鱒場(功刀 芳庸さん)の鱒功刀養鱒場(功刀 芳庸さん)の鱒

FUKUOKA

  • 福岡魚市場の天然鮮魚

    かつて「那の津」や「袖の湊」として活躍してきた場所に、昭和30 年開場した鮮魚市場は、全国一の漁港水揚高を誇る産地市場であり、かつ西日本有数の消費地市場でもあります。日本海や東シナ海の新鮮な魚介類を直送して頂いています。
    福岡魚市場の天然鮮魚福岡魚市場の天然鮮魚

INFORMATION

Vegetable Restaurant & Festival
CROSS TOKYO 東京都港区赤坂5-4-7-10F(THE HEXAGON bldg.)
03-5545-5408
千代田線赤坂駅 3a出口から1分TBSと赤坂通りの間
Lunch / 11:30〜15:00(L.O.14:00)
Dinner / 18:00〜23:00(L.O.22:00)
全90席(個室2~8 名様)
半個室 / 16~20 名様(カーテンパーテーション仕様)
Party 貸切 / 着席82名様・立食120名様
Wedding / 着席74名様・立食120名様
全席禁煙 / 喫煙スペース有(IQOSなどの加熱式たばこのみ利用可)

google map

CONTACT
RESERVATION

お電話からのお問い合わせ・ご予約

WEBからのお問い合わせ・ご予約